直木賞作家が選んだ、文庫解説の「適任者」とは?(本がすき。)

直木賞作家が選んだ、文庫解説の「適任者」とは?(本がすき。)

いま私の手元には、2016年に刊行された小学館文庫版『永遠の1/2』がある。作家・佐藤正午が1983年に書いたデビュー作の文庫新版だ。そしてこの本には、小説を執筆して ...
More on: news.yahoo.co.jp