松尾貴史のちょっと違和感:検察庁法改正案の採決断念 国民の怒り、読みが狂ったか

松尾貴史のちょっと違和感:検察庁法改正案の採決断念 国民の怒り、読みが狂ったか

今国会で不自然な形と、要領を得ない答弁の連発で進められていた検察庁法の改悪は、何とか採決を断念させることができたようだ。 コロナ禍の最中に、安倍晋三首相の ...
More on: mainichi.jp