焦点:コロナが問うオフィスの存在意義、NYの象徴にも変化の波

焦点:コロナが問うオフィスの存在意義、NYの象徴にも変化の波

マンハッタンにそびえるエンパイアステートビルは、約90年にわたり米国の経済力の象徴だった。だが最近では、新型コロナウイルスとの困難な戦いの象徴になっている。
More on: jp.reuters.com